2009年 09月 13日

夢の舞台へ(エスパニョールvsレアル・マドリッド) 前半戦

長めのシエスタをとった私は、今回の旅の目的の一つであるリーガ・エスパニョーラの中村俊輔の所属するエスパニョールとカカとC・ロナウドなどを高額の金額で買い集め、かつての銀河系軍団と呼ばれた頃と近づきつつあるレアル・マドリッドとの試合観戦に会場へ行くことにしました。
タクシーで行けば簡単なのですがこれからのことも考えて公共の交通の使い方も知らなければと列車で行くことに決めました。
まずホテルのフロントで行き方を知るため
僕   「エル・プラット スタジアム(後でスタジアム名が違うことに気がつくのですが)にはエル・プラット駅に行けばいいのですか?」
フロント「そうだ」
僕   「ではエル・プラット駅にはどうやって行けばいいのですか?」
フロント「そこのサンツ駅からC-2の路線に乗って2駅目でホームは案内板を見ればわかる。チケットは自動券売機で買えばいいよ。簡単だからね」
僕   「わかりました。ありがとう」

こんな会話したはず・・・たぶん・・・
ということで早速駅の案内板でホームを確認して自動券売機で買おうとしたら、これが話とは違って解り辛い機械なのです。日本語表記も用意したらいいのに・・・日本人の観光客も多いんだから・・・
10分くらい券売機と格闘してやっとの想いで購入しホームに滑り込んだら今度は列車が想った方向とは逆に・・・
次の駅で逆の列車に乗り換えて、なんとか着いたのがここ↓エル・プラット駅

c0186045_19461988.jpg

エル・プラット駅

御覧の様に荒涼とした場所に在って、とても今日サッカーの試合があるとは思えないのです。
想像では駅に着いたらスタジアムが近くに在ってサポーターの集団に付いていけば簡単に行けると想っていたのですが、そこにあるのは静かな街並みで、とてもスタジアムが在る雰囲気でないです。

c0186045_19564645.jpg

エル・プラットの街

しかたなく近くの停めていたタクシーに
「エル・プラット エスタージャまで乗せていって」
「はあ?」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「エスパニョールvsレアル・マドリッドの試合の場所に連れて行って」
「オッケー」
といことで、そこから15分くらい車を走らせたところにコルネジャ・エル・プラット(これ正式名です)になんとか辿り着くことができました。

c0186045_2063378.jpg


c0186045_20112282.jpg


c0186045_20121341.jpg

コルネジャ・エル・プラット

c0186045_20134076.jpg


                前半戦終了
[PR]

by mkikuchi10 | 2009-09-13 20:14 |


<< 夢の舞台へ(エスパニョールv...      買い出し >>